フィードバックという言葉

あまり聞き慣れないかもしれません。

 

セミナーや研修などに参加すると出会います。

フィードバック

 

言葉の意味は 「振り返り」ともいいますが、解説を付け加えると

「自分の感じたこと、思ったこと、意見など、利用を目的とした情報」です。

 

利用を目的とした情報 ってところがフィードバックの大切なポイントです。

たとえば「私って早とちりが多いな」と感じたとしましょう。

 

それを利用して「早とちりを防ぐために、聴いたことをメモしよう」とか

「相手の話は最後まできいて、内容を復唱して確認しよう」など、

具体的な改善策に繋げることができると、それは立派なフィードバック。

 

けれどそこから「ほんっと、私ってダメダメじゃん・・・」とか

「あ〜 私って最悪・・・」と考えを伸ばしてしまったらどうでしょう?

「私って早とちりが多いな」と感じたことは、情報利用に使われていません。

 

もうひとつの例を考えてみましょう。

「お客様には、こちらのピンクがお似合いですよ」

自分は黄色っぽいシャツを選んだのに、ピンクのほうが合うと言われたら?

「ピンクって自分はあまり着たくない色なんだけどな」

と受け止めるのか、それとも

「へぇ、意外なこと言われちゃったな。だけどいいって言うなら試そうかな」

と、新しい選択肢を増やすのかは受け止め方で随分違ってきますよね。

 

相手へのフィードバック 自分へのフィードバック

全体へのフィードバック 

いろいろありますね。

 

けれど相手がありがたくない場面で渡すと、たちまち皮肉になってしまいます。

相手が なるほど ありがとう と受け止められて初めて

フィードバック という名前と価値が得られますからご注意くださいね。

 

なんて 日曜のスタッフへの研修の内容でした♪

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    buytadalafilonline (水曜日, 07 11月 2012 23:28)

    I intended to draft you this bit of remark in order to say thank you once again for the pretty guidelines you've documented here. It is quite strangely open-handed of you to present unhampered precisely what a lot of people could have made available as an electronic book to generate some cash for themselves, and in particular now that you could have tried it if you decided. Those good tips likewise served as a good way to recognize that some people have a similar dream the same as my personal own to understand a whole lot more concerning this condition. I am sure there are lots of more fun periods ahead for many who take a look at your website.